HOME > 最新情報 >

【事例紹介】新しい働き方「短時間正社員」で採用数&質に大満足。

NEWS

最新情報

お知らせ

2016年08月08日

その他

【事例紹介】新しい働き方「短時間正社員」で採用数&質に大満足。

「長期的に実務を支えてくれる人が欲しいけど、勤務時間は短くていいからアルバイト・パートで。でも質にはこだわりたい。」こんなケース、ありますよね。

trouble

この「短時間の仕事=アルバイト・パート。社員=フルタイム勤務」というこれまでの雇用の常識を変える新しい働き方、“短時間正社員”が拡がり始めています。今回は、その短時間正社員制度を導入することで、質の高い経験者が採用できた!というリフォーム会社様の事例を紹介します。

経験者も採用!応募数も大幅アップ!

茨城にあるこの会社さんが採用を考えていたのは、長期的に働いてくれるリフォームアドバイザー。流動的なアルバイト・パートではなく、正社員として迎えたいとお考えでした。
「採用難の時代だから、少しでも採用の可能性を拡げたい」という思惑に加え、「生活環境や時間の制約があるからといって能力を十分に発揮できないなんてもったいない!フルタイムであれ短時間であれ、働く人が自分の生活と仕事を両立しながら、ヤリガイをもって働ける会社にしたい」という会社の想いから、従来通りのフルタイム勤務と平行して、短時間正社員の募集にチャレンジ!
その結果、インテリア業界経験者の40代主婦と、短時間社員の働き方に共感してくれた40代女性の2名を採用!応募は全部で10件で、20代の男性や50歳前後の男性からの応募もありました。採用数だけでなく、質にも満足!とお喜びでした。

ポイントは、「働く人に寄り添う」こと!

企業側も働く側もHAPPYな採用事例だと思いませんか? この事例では、採用の幅を拡げることでこれまで採用できなかった人を採用できた!というだけでなく、会社のスタンスや考え方が伝わることでフルタイム希望の方の応募も増えています。

ただでさえ、採用が難しい時代。そんな中で、企業が働く人のライフスタイルや気持ちに寄り添った働き方を促進する→採用の可能性を拡がる→採用された側も長く続けられる→定着率が上がる→業務の質が向上する→業績向上につながる!というHAPPYなサイクルを生み出されていますよね。これこそ、真の採用成功と言えるのではないでしょうか。

Web

定着アップ、コア人材育成にも!

今回の事例以外にも、短時間正社員の活用法として、リーダー的アルバイト・パートの短時間正社員化も考えられます。例えば、販売・サービス・フード業界などでは、店舗での実務の柱を担っているリーダー的アルバイト・パートの存在が欠かせなかったりしますよね。当然、企業側としてはそういう方に長く活躍して欲しい!働く側がアルバイト・パートという働き方を選ぶ理由はいろいろでしょうが、「勤務日数・勤務時間の制約があるから」という方も多いのではないでしょうか?それならば、短時間勤務でも安心して長い期間活躍してもらえる環境をつくることは、働く側・企業側の両方にメリットがありますよね。

採用の課題・定着の課題・コア人材育成の課題に対する新しい打ち手“短時間正社員”。ぜひご参考にしてみてください!

一覧へ戻る
WORK

取り組み・実績 〜お客様と共にやってきたこと〜

ページトップへ