HOME > 最新情報 >

新型コロナウィルス感染拡大防止のための社内ルールについて

NEWS

最新情報

お知らせ

2020年09月07日

その他

新型コロナウィルス感染拡大防止のための社内ルールについて

お客様・関係者各位

このたびの新型コロナウィルス感染症により亡くなられた方々にお悔みを申し上げるとともに、罹患された方々に心よりお見舞いを申し上げます。
当社では、新型コロナウィルス感染拡大防止策として、下記のルールを実施しております。こちらについては今後の国内感染状況などに踏まえ、適切にルールを変更・改善してまいります。さらに各部署において業務の範囲・内容の精査を行い、テレワーク等も既に実施しております。
お客様との業務において関わりが深く影響すると考えられる場合は、ご相談、ご理解を仰ぎ、最善の対策を講じて参りますので、何卒、ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

【新型コロナウィルス感染拡大防止のための社内ルール】

1)マスク着用について
出勤する場合は、原則として業務時間はもちろんのこと、通勤時もマスクを着用すること。(但し、取材撮影現場などにおいてマスク着用が作業に困難をきたす場合、お客様と相談の上、判断をする。)

2)手洗いについて
出社時・外出後の入室時には都度、薬用石鹸を用い入念に手洗いを実施すること。また、アルコール消毒も合わせて実施すること。

3)検温について
出勤時は非接触体温計を使用し、事務所入室前に検温を実施すること。 また、お客様先へ訪問する場合は、事前に検温を実施すること。

4)各ミーティングについて
収束時期を迎えるまで商談、会議、ミーティング等はZoom等のオンラインミーティングを推奨。やむなく限られたスペースにてミーティングを実施する際は、マスクを着用の上、こまめに換気を行い感染防止に努める。
さらに3密を避け、ソーシャルディスタンスの習慣化に努めること。

5)社外からの感染防止について
顧客来社時には、必ず非接触体温計による検温、アルコール除菌を理解いただき、マスク着用をお願いすること。

6)県を越えての移動、都内への移動について
社内拠点間移動や、出張での県を越えての移動は最低限とすること。
特に県を超える移動は目的の必要性を上長が判断した上で行うこととし、取材・撮影等の移動も必要最低人数(2名以内)で実施すること。
また、業務外においても3密を避け、県を越えての移動、特に東京都内への移動は自粛すること。

7)自宅待機の判断について
37.5度以上の発熱・咳・だるさなどの感染疑いがある症状が出た場合は、上長に即報告すること。その後4日間は自宅療養または、自宅待機をすること。
さらに、社内外問わず体調に異変を感じた場合は、必ず上長へ報告相談をすること。

8)検査相談について
症状が出てから4日間以上、症状が改善しない、または悪化する場合には管轄の保健所、または、病院へ相談し、案内を受けること。

9)COCOA導入について
新型コロナウイルス感染症は無症状の感染者も多いことから、「社員1人1人が油断せずに、感染を防ぐ意識を持って日々行動することが社会貢献に繋がる」と考え、厚生労働省が提供する新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA(COVID19 Contact Confirming Application)をダウンロードすること。
※社用スマートフォンへは全て導入完了。プライベート携帯は導入推奨。
■COCOAの情報はこちら

以上となります。 当社では今後も、感染拡大状況を注視しながら、「ロケットスタートが地域のお客様にできること、するべきこと」を考えていきます。皆さまもできる限りの行動を取り続けていきましょう。あなた自身が、大切な人が、この状況を切り抜けて共に歩んでいけるように。 新型コロナウイルスによる影響が1日も早く収まること、そして皆さまが無事であることを、ロケットスタート社員一同願っております。

一覧へ戻る
WORK

取り組み・実績 〜お客様と共にやってきたこと〜

ページトップへ